ツイッターのアイコンを何にするか

最近、遅ればせながらTwitterを始めてみました。これがなかなか面白い!

なんで私は今までやってなかったんだ~!!

何が面白いかと言われると困ってしまうけれど、TL上でリアルタイムに

友達とやりとりできるのは楽しいですよね。

「おやすみなさい」とつぶやくと、友達から「おやすみ!」って返ってきたり、

「ただいま」とつぶやくと「おかえりなさい」って言われたりするのに、

心がほんわかします。

ツイッターのアイコン、ただの卵アイコンだとつまらないので、

いい画像はないかな~って携帯やパソコンのフォルダを

探してみてるんだけど。

なかなかこれと言ったものがなくて…みんなどうしてるのかな。

アイコンで、自分の写メをつけてる人がいるけれど、私的にアレは

ちょっと恥ずかしいです。だって、私の顔がインターネット上に

さらされるんですよ?!

モデルやアイドルみたいに可愛かったらいいけれど…普通の顔なので

つまらないです。

あとは自分で書いたイラストを使っている人もいるみたいですよね。

でも絵なんて書けないし。私の友達に絵が得意な人もいないし。

結局、ツイッターを始めてから1ヶ月くらい経つけれど、

いまだに卵のアイコンのままです。

どこか旅行に行って、景色とかの写メを撮れればいいのにな。

コメントは受け付けていません。

美容医療ってどんなことをするの?

美容医療とは内科、外科、整形、形成などの専門知識や技術をベースに人間の
容姿をより良い状態にする医療機関のことです。
医療ではありますが、保険は適用外のためほとんどの治療が自費診療になります。
「美容医療」と聞くと、外見を変えるいわゆる「整形」を浮かべる人が多いかも
しれませんが、各科目の特性を生かした様々な治療があります。

では美容医療とはどんなことをするのか。
まず一般的に知れているのは二重形成、脂肪吸引、豊胸などの形成術でしょう。
これらは形成外科の分野になります。
次に皮膚科の分野としてまずレーザー脱毛やピーリング。
しみの治療やほくろの消去。刺青やタトゥーの消去もこれに当たります。
内科的の分野ではデトックスや痩身治療、点滴や内服薬での治療など、
美容医療と一言で言っても様々な科に分かれ、さらに各科によってできる
ことも様々です。
また「美容」とひとくくりにされていますが、ただよりきれいにするだけでなく、
生まれながらのコンプレックスを治療することで、精神的安定にも繋げることが
できます。

よって自分がどんなことをしてもらいたいか、どこを治したいかを考えることで
受ける科がかなり変わってきます。
そして自分に必要な治療、どんなことをして治すのかきちんと知ることが大切です。

コメントは受け付けていません。

ネットビジネスだからこそマナーを重視する

ネットビジネスはリアルビジネスと同様マナーの良さが問われます。またネットビジネスだからこそという側面もあります。

インターネットオークションでの出品者は、将来の落札者が想定できないので、きれいではっきりわかる出品物の写真を用意する、丁寧な説明文、質問があれば即時に答える、落札が決まれば感謝のメールを送る、取引を経てまたお礼のメールを送る、など徹頭徹尾相手を気遣います。これが最低限のマナーです。随分沢山の要素があるようですが、かなりの程度自動化されているので、このくらいは当然なのです。

これだけのマナーを心得ていれば、取引が完了した時に落札者から「良い」と「どう良かったのか」という採点をもらえます。落札者にとって面白くないところがあれば「悪い」と「どう悪かったのか」という採点を受けます。これらの記録は全部残るので、例えば新たな落札者が落札を希望した場合、その出品者の「素性」を確認できてしまうのです。

これはある意味で恐ろしいシステムであり、リアルのビジネスで何か失敗した時には誠意を込めて対応すれば相手が納得してくれるのに対し、ネットビジネスの場合はそれができません。失敗が許されない一回限りの真剣勝負なのです。ただし前述の通り、オークションでは各手続きが自動化されているので、出品者はチェックリストなどを用意してあたれば失敗する機会は少ないと思われます。

コメントは受け付けていません。